본문 콘텐츠로 바로가기 상단메뉴로 바로가기

支石墓の分布

Home > 支石墓 Q & A > 支石墓の分布

海岸と川に沿って分布する支石墓

韓国には3万基以上の支石墓が存在し、主に西海岸地域に沿って密集している.韓半島西南部の全羅北道高敞を含む全羅南道地方が最大密集分布圏を形成しており、その次に平壌を中心にした大同江流域に多くの支石墓が分布している.その他には洛東江流域、慶尚南道、漢江流域、忠清南道の西海岸地域などに密集分布している.これらの地域では海岸と河川流域に沿って分布する特徴を見せる.最近の支石墓分布統計表によると、北朝鮮4,217基、江原道412基、京畿道957基、忠清北道218基、忠清南道743基、全羅北道1,969基、全羅南道22,560基、慶尚北道3,125基、慶尚南道1,660基、済州道105基など35,966基に達する.