본문 콘텐츠로 바로가기 상단메뉴로 바로가기

支石墓の築造

Home > 支石墓を築いた人々 > 支石墓の築造

支石墓の築造

支石墓はどのようにして築造されたのであろうか.卓子式支石墓は地上の支石の上に上石を載せるが、碁盤式支石墓は巨大な上石を移動させるのに高度の技術が必要とされ、多くの時間と労働力を投入しなければならない.

支石墓を築造する場所を準備する

一定の場所を選んで整地しなければならない.この場所選定は周辺の他の集団の了解と同意の下に行われたのであろう.

上石を入手する

支石墓の築造に必要な上石は山の隣近で自然に分離した石材を加工して使用したり、岩壁から上石を剥ぎ出す作業を通して入手しなければならない.その際には岩壁の節理を利用したり適当な大きさの穴を掘った後、楔やてこを利用して分離しなければならない.この作業には石工のような専門家が必要となる.


上石の運搬

上石の移動には上石の大きさと形態によって様々な方法を用いた.一般的に手に入れた上石を山から転がしたりするが、墓まで移動させる際には運搬路を開設しなければならない.
上石を移動させやすくするために、丸太を地面にレールのように敷き、その上を横切るように別の丸太を載せた後、綱で縛った上石を載せて多くの人々が引いて移動させたもの(木道式)と推定される.また、Y字形の木製そりや寒い地域では氷の上を利用したりしたのであろう.重さが比較的軽い上石には木道式が、近距離の移動にはてこ式や木道式が、遠距離の場合は牽引式が主に利用されたものと推定される.

埋葬主体部の構築

まず、墓壙を掘り、その中に遺体を安置する埋葬主体部を構築するが、主に板石や割石を利用して四角形に立てたり積んで作った.埋葬主体部を構築する際に磨製石剣や赤色磨研土器を葬送用に納める場合もあり、遺体のそばには武器類や装身具類、貢献土器を副葬する.

支石と墓域の設置

埋葬主体部の構築が終わると、その周囲に支石を設置し、平らな石を敷いて墓域を区画する.その次に上石を載せやすくするために、傾斜を付けた通路をタケで積み上げる.

上石を載せる

支石墓の築造において最も困難な作業で、支石の上にバランスをとりながら正確に載せるには高度な土木建築学的技術が必要である.運び込まれた上石を傾斜をつけた盛土の上に引き上げた後、盛土を取り除いたものと推定される.

祭祀を執り行う

支石墓の築造が完成すると、最後に死者のために祭祀を、または動員された人々のために宴会のような行為が行われたであろう.墓域の周囲から割れた土器や石器の破片が発見されることはそういった行為の痕跡である.
このような支石墓築造は、一つの血縁集団だけではなく近隣の血縁の人員まで動員してこそ可能な共同体集団の儀礼行為の一環であった.支石墓を築造した社会とは、一基の支石墓を築造するために埋葬主体部を構築する人、運搬路を作る人、上石を引く人、それを指揮する人、食べ物を提供する人など多くの人々が動員できるような共同体社会であった.