본문 콘텐츠로 바로가기 상단메뉴로 바로가기

支石墓の構造

Home > 支石墓 Q & A > 支石墓の構造

上石

支石墓の構造上、最も特徴的なもので埋葬主体部の上に設置された巨大な石である.これは地表面に置かれたり石室の上に載せられており、蓋石、撑石とも言う.

支石

上石を支えていることから支石またはグェムドルとも言う.上石を直接支えると同時に下部構造である石室の破壊を防ぎ、上石をより雄大に見せる役割も担う.

墓域施設

上石の下にある埋葬主体部の周囲に敷かれた石を指す.埋葬主体部の周囲を補強し、上石の重さが埋葬主体部に直接かからないように分散させるものと、広い墓域や墓域の端部を区画して墓域の範囲を表示したものがある.


蓋石

埋葬主体部を覆っている石で、遺体を保護するとともに上石の重さから埋葬主体部の破壊を防ぐ役割を果たす.蓋石は板石1枚のもおと数枚の板石で覆うものがあり、普通一重であるが多重にする場合もある.

埋葬主体部

支石墓の下部構造として石で構築された遺体埋葬空間である.石を立てたり積んで構築した埋葬空間の総称で、大部分の平面形態が長方形で竪穴式を呈する.石棺、石槨、囲石などに区分される.