본문 콘텐츠로 바로가기 상단메뉴로 바로가기

道具復元

Home > 支石墓を築いた人々 > 道具復元





石器

農耕具

石包丁は穀物の穂を刈り取る道具で、平面が楕円形または半円形を呈し、中央部に1-2個の孔があいており、そこに紐を通して使う. 石鎌は穀物や雑草を刈ったり穂を切るのに使われた収獲用道具である.石鎌は鳥のくちばしの形または三日月形に丸く曲がっており、内側にある刃部が集中して磨研されている.

伐採具と加工具

青銅器時代に農業生産力を高めるために各種木製道具が発達した.これら木製道具を製作する際、様々な斧、鑿などの石器が使われた.

狩猟具

磨製石鏃は狩猟道具や武器として使われ、その大部分が青銅器時代に製作・使用された. 石槍は狩猟道具の中で最も強い殺傷力を持つ道具で、旧石器時代以来、効果的に利用されてきた狩猟道具である同時に、攻撃と防御機能を有する武器の一種でもある.

武器類

磨製石剣は韓国の青銅器時代を代表する石器であり、生活用具として使われたが副葬用としてよく知られている.韓国では主に支石墓や石棺墓から多く出土する.石剣は剣身部と柄部から構成されており、柄の代わりに茎を作るものもある.石材は主に柔らかい凝灰岩類が用いられ、長さは大部分30㎝前後であるが、清道の陳羅里出土品は67㎝を測る.

玉製品

玉で作った装身具で、昔の人々は玉を天地の粋であり、陰陽において極めて純潔なものと考えて大切にした.玉を身につけたり服に付けていれば効き目があらわれて、悪鬼を退けることができると信じた.

紡績具

紡錘車は糸を紡ぐ際に用いる紡績具の一種である.紡錘車の中央には回転力を利用して棒を挿すことができる丸い穴があいている.この穴に紡錘車の軸になる棒を挿し込んで軸を回転させながら徐々に糸を紡いだり穴をあけた.材質を見ると、土を捏ねて焼いたもの、石で作ったもの、土器の破片を磨いて作ったものなどがある.

調理具

磨棒と磨石は木の実や穀物の皮をむいて粉末にするのに用いた原始的な製粉具である.粉砕の対象物としては赤色顔料と貝類、土器を作る粘土に混合させる石などが考えられるが、主にドングリと木の実などの堅果類とヤマイモなどの根茎類の製粉加工が目的である.