본문 콘텐츠로 바로가기 상단메뉴로 바로가기

巨石文化の分布

Home > 支石墓 Q & A > 巨石文化の分布

ヨーロッパ、アジア、アフリカなど世界各地に分布

支石墓をはじめとした巨石文化の分布は、北ヨーロッパ、西ヨーロッパ、地中海沿岸地域、インド、東南アジア、東北アジア地域などユーラシア大陸を囲んでほぼ世界的な分布を見せている.ヨーロッパの巨石文化は全て大西洋東岸に沿って長く集中分布している.北ヨーロッパの支石墓はバルト海沿岸のスウェーデン南部からデンマーク、オランダ北部、ドイツなどで発見されている.西ヨーロッパの支石墓と巨石文化はフランスがその中心であり、その南へポルトガルとスペイン、西にはイギリスとアイルランドに至る.
地中海沿岸の巨石文化は最大の島であるコルシカとサルデーニャ島、フランス南部のプロヴァンス地域、イタリア半島の東南部、アフリカ北部のアルジェリア、地中海東岸のシリアなどに巨石文化が存在している.そして、黒海沿岸の支石墓はロシアのコーカサス地域に集中分布している.アジア地域ではインド、インドネシア、ベトナム、台湾、中国、日本そして韓国など主にインド洋と太平洋隣近に位置する地域で発見されている.
東北アジアでは韓国、日本の北部九州地域、中国の浙江省と遼寧省に分布している.中国の支石墓は浙江省に50余基、遼寧省に700基余りが分布している.日本の支石墓は韓国と近い九州地域の長崎、佐賀、福岡県に集中しており、約600基と推算されている.日本の支石墓は韓国のものと異なり、大型のものでも上石の大きさが2~3m程度、小型のもので1m前後であり、全体的に規模が非常に小さいことが特徴である.卓子式は存在せず、小型の上石の下に支石を配置した碁盤式の縮小型が多くみられる.