본문 콘텐츠로 바로가기 상단메뉴로 바로가기

支石墓から出土する遺物

Home > 支石墓 Q & A > 支石墓から出土する遺物

青銅器

武器類である青銅器は当時においては希少な物品であり、特殊階層のみが使用したものである.種類としては琵琶形銅剣が多いが、琵琶形銅矛、青銅斧と青銅鏃、細形銅剣もある.琵琶形銅剣はその形が楽器の琵琶に似ていることから付けられた名称である.支石墓から出土する琵琶形銅剣は錦江流域でも見られるが、大部分は朝鮮半島南海岸地域特に、麗水半島で集中して出土している.細形銅剣には京畿道楊平郡の上紫浦里と全羅南道霊岩郡の長川里支石墓から出土したものがある.

石器

支石墓の副葬品として発見される代表的な石器は磨製石剣と磨製石鏃である.磨製石剣は普通1点ずつ副葬されているが、磨製石鏃は数点ずつ発見される場合が多い.支石墓で発見される磨製石鏃は副葬品の場合、磨製石剣と共に出土し、普通3~5点が被葬者の腹部付近から発見される.しかし、全羅南道宝城郡の徳峙里では磨製石剣、青銅鏃とともに29点、慶尚南道居昌郡の大也里では磨製石剣とともに28点と42点がそれぞれ一つの埋葬主体部の中に副葬されていた.


土器

貢献土器は赤色磨研土器(紅陶)とナスビ文土器(彩文土器)がある.赤色磨研土器は精選された粘土を捏ねて形作った後、表面に酸化鉄を塗って磨研して光沢が出るようにして焼いた土器である.その形態は頸部が付いた丸底をなす壷形で南漢江流域と錦江、洛東江、宝城江、南海岸地域など韓半島南部地域の支石墓でのみ出土するが、特に南海岸地域にその数が多い.ナスビ文土器も赤色磨研土器と形態は類似するが、胎土が灰白色を呈し、肩部付近に黒色のナスビ文が施文されており、南海岸地域の支石墓から主に出土する.

装身具

玉は天河石製の曲玉(勾玉)と碧玉製の管玉、丸玉、小玉がある.曲玉は青色の地色に白い斑点がある天河石を用いて作ったもので、一方の頭部に小さな孔がある.全羅南道麗水の平呂洞では一つの埋葬主体部の中から丸玉は対をなして、小玉は数点または数十点が一度に発見された.これは首飾りと服を飾った装飾品と考えられ、馬韓に関する文献記録に『馬韓人は金銀より玉をより尊く考えており、これを耳や首にかけたり服に飾ったりした』という記述があり、すでに支石墓社会でも玉を装身具・装飾品として用いていたことが分かる.