본문 콘텐츠로 바로가기 상단메뉴로 바로가기

支石墓の被葬者

Home > 支石墓 Q & A > 支石墓の被葬者

支配者の墓

大部分の支石墓を支配者の墓と見ることが一般的である.その理由としては、巨大な上石の採石・運搬などの作業を一般の人々では遂行できないと考えるためである.支石墓を築造しようとすれば、多くの労働力を動員できるだけの政治的な力が必要であり、支石墓の築造に動員された人々に対し飲食物などを提供できる経済的な力や富の蓄積が求められる.また、巨大な支石墓を築造しなければならない社会的な背景と文化的な土台がなければならない.そのような点から上記の条件を兼ね備えた人のみが支石墓を築造することができたのである.

支配者とその家族の墓

支石墓が支配者とその家族の墓であると考えられる理由は、支石墓が群集して築造されていることからその全てを支配者の墓とすることができないためである.支石墓が群集していることから、血縁を基盤とした集団の支配者とその家族たちの共同墓域と推定している.

血縁集団の墓

支石墓を血縁集団の墓と見る理由は、支石墓が群集をなしており、なおかつその大部分が列をなして築造されているためである.列をなしていることから血縁を碁盤とした集団の共同墓域であると考えることができる.

戦死者の墓

支石墓の埋葬主体部内から磨製石剣や磨製石鏃の先端部の破片が発見される例が多く見られる.その出土位置は頭部側が多いが腹部もあり、集団間の戦争で犠牲となった人の墓と推定される.出土遺物と人骨に突き刺さった考古学的資料を根拠に戦闘的な任務を遂行して戦死した人の功勲墓と考えられるものである.韓国では頭部がない人骨が発見されたり日本では頭部に突き刺さった青銅剣と磨製石剣片が発見されている.