본문 콘텐츠로 바로가기 상단메뉴로 바로가기

巨石文化の種類

Home > 支石墓 Q & A > 巨石文化の種類

コインドル(支石墓)

コインドル(支石墓)は地上または地下に埋葬主体部を構築し、その上を巨大な上石で覆った形態をなす巨石文化を代表する遺構・遺跡である.ヨーロッパでは新石器時代から石を用いた巨石記念物が作られはじめ、アジアなどそれ以外の地域では青銅器時代や鉄器時代に支石墓が築造された.
韓国を含むアジア地域では一つの埋葬主体部に一つの上石が載せられることが特徴であるが、西ヨーロッパでは複数の支石をつなげて作り、その上に数枚の上石を載せるトンネル型(廊下型、通路型)支石墓が特徴である.

立石

立石は支石墓とともに巨石文化を代表するもので、一つの石を垂直に立てたものを指す.立石の起源は一般的に生産と豊饒を祈る男根崇拝と関連するものと考えられている.単独である場合もあるが、フランスやイギリスのように数十基から数千基が列をなして分布したり、円を幾重にもめぐらせたものもある.

列石

列石は立石が一重や幾重に平行して列をなして立てられた形態をなす.ヨーロッパ特に、フランスのブルターニュ地方の列石が代表的であるが、韓国では発見されていない.このような列石については、祭祀と関連づけたり夏至や冬至と関連した儀礼行為、時間や季節を推定する機能を持つなど様々な見解がある.

環状列石

環状列石は立石を円形に配した形態をなし、一重または二重に配列したものがある.代表的なものとしてイギリスのストーンヘンジがあるが、ここで使われた青石は210km離れた場所から運搬してきた巨石で、30個ほどの石を円形に立ててその上をつなげたものである.このような環状列石については、葬礼と関連した特殊な儀式を執り行った場所とする見解と夏至の日の出と関連づけて天体観測の機能を有したとする見解がある.

石像

石像は石に人の顔など描写して立てたものを指す.韓国でよく見られるチャンスンや済州島に多いトルハルバン、墓の前に立てられた文人·武人石などがこれに該当する.このような石像は多くの国々で発見されているが、南太平洋のイースター島の石像が代表的である.南米大陸から3,200kmも離れた孤島の海岸部に200個あまりの石像が海を向いて立てられており、石像には人の顔が彫刻されており雄大で堂々たる姿を見せる.これら石像の中には高さが10m以上、重さが82トンにもなるものがあり、‘イースター島の謎’と呼ばれている.