본문 콘텐츠로 바로가기 상단메뉴로 바로가기

月バウィ地区

Home > 世界遺産 和順支石墓遺跡 > 世界遺産 和順支石墓遺跡

月岩地区

月岩支石墓地区にはウォルゴク貯水池から宝剣峠方向に40基あまりが散在して分布している.最大の月岩支石墓が一方に偏っており、小さい支石墓が山裾の傾斜面を横切って列をなしている.山の中腹の傾斜面に位置する月岩支石墓は長さ556㎝、幅396㎝、高さ198㎝で支石が6個ある典型的な碁盤式支石墓である.これほど大きな支石墓の場合、墓というよりは血縁集団の墓域を象徴する記念物であり、小さいものは墓として使われたものと考えられる.