본문 콘텐츠로 바로가기 상단메뉴로 바로가기

大薪里発掘地

Home > 世界遺産 和順支石墓遺跡 > 世界遺産 和順支石墓遺跡

大薪里発掘地

大薪里発掘地は池洞(モッコル)集落の前にあり、1999年の発掘調査後、2008年に保護閣を設置し遺跡を保護している.35基の支石墓が調査され、多様な型式の埋葬主体部と赤色磨研土器、紡錘車、磨製石剣片、磨製石鏃などが出土した.特にここから出土した資料を科学的に分析した結果、木炭はB.C.550年、土器片はB.C.770年と測定された.このことから2800年前から2500年前の間に支石墓が築造されたことが分かる.